まつ毛美容液 伸びない その理由は?

まつ毛が伸びないという困りごとには、いろんな理由が隠れています。

 

日本人女性は、そもそもまつ毛が少ない?

 

実は、タイトルのとおり、日本人女性はもともとまつ毛の数が少ないんです。

 

タレントさんや、局アナさんなど、多くのハーフの方が活躍されています。

 

そんな人たちを見ると、まなこパッチリ、まつ毛も長〜いですよね。

 

羨ましいですよね。

 

でも、普通の日本人女性は、外国人と比べると、もともとまつ毛の数が少ないんです。

 

確からしい数字はお示ししませんが、1割〜2割は少ないんですね。

 

しかも、毛母細胞から生えている数自体が少ないのです。

 

ですから、「こんもり、どっさり感あるまつ毛」にするためには、かなりの努力が必要ということです。

 

普通にケアしているだけではとっても無理というのが現実です。

 

なので、まつ育美容液などのアイテムをしっかりと活用していくことになります。

 

まつ毛に問題がある

 

まず、まつ毛自体に何か起きていないかを調べてみてください。

 

まつ毛が枝毛になっている

 

それは、まつ毛が痛んでいる証拠です。

 

まつ毛の枝毛は、髪の枝毛と同じで、痛んでいるサインです。

 

そんなときは、まず、まつ毛を育てる、伸ばすよりも「治してあげる系」の美容液を使うのがベストです。

 

枝毛があるということは、ほかの多くのまつ毛も同じように傷んでいる可能性が高いです。

 

それを放っておくとどんどん枝毛が増えて、まつ毛全体が大きく痛むことになります。

 

枝毛の原因

 

では、まつげが枝毛になってしまう原因は何なのでしょうか。

 

実はこれといって特別な原因があるわけではありません。

 

メイクやビューラー、紫外線、化粧落としや目を擦るなどの日々のダメージの蓄積などで、自然に痛んでしまうのです。

 

もしまつげが枝毛になってしまったら、まず、

 

・ビューラーやマスカラなどのまつげに負担のかかることは避けましょう、
・メイク落ちの良いクレンジングを使うことでまつげへの負担を減らしましょう、
・美容液で栄養を与えて休めましょう、

 

そんなケアを続けていって、まつ毛がしっかりとした時点で、伸ばす、増やすへ向っていくのがベストです。

 

そしてまつげの美容液で栄養を与えてください。

 

 

 

 

誤解がある

 

まつ育と美容液に対する誤解もあります。

 

まつ毛が伸びないのは美容液だから?だから使っても使わなくても同じ?

 

それは誤解です。

 

「美容液はまつ毛の育毛剤、栄養剤じゃないから伸びない」っていう情報も出ていますが、それは完全に誤りです。

 

美容液というのはコスメの分類です。

 

育毛剤も同じです。

 

でも、ほとんどの場合、育毛目的の成分を配合しているものも美容液として販売されています。

 

それは、いろんな事情があるのでしょうが、
・美容液とした方がお客様が広がる、目線が広がる、
・育毛剤とすると、本当に重度な状態の人しか目にとめない、
・専門的、特化し過ぎるとコスメイメージから離れて購入しにくくなる、
そんなことが考えられているのでしょう。

 

コスメ市場でまつ育系として銘打って出ている製品なら、どれも育毛剤としての成分がちゃんと入っています。

 

選択するときに、本当に単に美容液なのか、まつ育成分入りなのかを確かめれば良いですね。

 

それと、この美容液は、毎日しっかりとつける習慣にした方が良いのです。

 

なぜかというと、まつ毛自体は日常の生活面でのストレス、
・紫外線、
・お化粧、
・生活習慣や嗜好品、
そんなことで常に痛む環境にあります。

 

もし、女性しか味わうことのできない美という素敵な面を愉しんで生きたい、

 

少しでも自分を良くして行きたい、だからお化粧もしっかりとしていたい、

 

そんな風に思っているなら、まつ毛美容液も毎日の美の栄養分として使うことがおすすめです。

 

お肌にはお金をかけてもまつ毛はエクステでカバーじゃなくて、自分の持っているせっかくの魅力をしっかりと伸ばしていきたいですね。

 

まつ育は文字通り育てること、何を?

 

もちろん、自分の魅力、持っているステキさ、ですよね!

 

 

 

>> まつ毛に合わせた美容液選びはこちらから(サイトトップページ)